食事によるダイエット

食事によるダイエット

カロリーをトータルで制限するか、糖質に絞って制限するか賛否両論ありますが、いずれにしても我慢は必要ですね。でも基本はやっぱり腹八分目、二分は我慢しましょうね。きっといいことありますよ。野菜から先に食べる と我慢しやすいようですよ。

低炭水化物ダイエット置き換えダイエットスムージー青汁
たくさんの皆様から体験談をお寄せいただいております。


寝かせ玄米もラクラク炊飯(^^♪
※特典充実! 公式サイト

低カロリー高タンパクをお手軽に♪ ※ジェシカズ・フォーミュラ

ジェシカズ・フォーミュラ

「低カロリー高タンパクを手軽に摂りたい」、「ビタミンなんかも一緒に摂りたい」、そんな人におススメのボディーメイクプロテイン「ジェシカズ・フォーミュラ」。スーパーフード「アサイー」とミックスベリーのさわやかな甘み、豆乳が苦手な人も美味しくの飲める、100%大豆由来のソイプロテインです…

お腹・浮腫スッキリ!老舗お茶屋さんの青汁 ※神仙桑抹茶ゴールド

スッキリ生活!

カラダに貯めない! いらないものをしっかり追い出す!! デトックスはダイエットのみならず、健康の基本ですね。九州のお茶処八女の老舗「お茶村」さんが作った神仙桑抹茶ゴールドは、お通じ、むくみ解消、スッキリ生活をサポートする美味しく飲みやすい青汁です。原材料は、余分な糖の吸収をブロックする「桑の葉」、カリウムがスムーズな代謝をサポートする…

ネイチャーリズム ※ダイエットにより効果的な飲み方は…

お腹で膨らむスーパーフード「チアシード」、そして「バジルシード」が入った酵素スムージー「ネイチャーリズム」は、腹持ちがよく効果的な置き換えダイエットに最適(^^♪ ネットの口コミでは、美味しいので長く続けられると好評です。積極的にダイエットに取り組むなら…

食物繊維たっぷり! ※サンスターの青汁で野菜不足解消

青汁の「青」は青野菜の青。緑色なのに青信号みたいですね。サンスター健康道場「粉末青汁」は5種類の100%国産野菜使用、ブロッコリー、明日葉、ケール、モロヘイヤ、大麦若葉、1杯で1日の野菜不足が補える、食物繊維たっぷりの本格青汁です。良質の青野菜ですからカルシウムや、マグネシウムもいっぱい!

糖質スリム通販特価 ※セカンドミール効果で糖質制限サポート♪

糖質スリム

不溶性・水溶性食物繊維が5種類入った糖質制限サポートスムージー糖質スリムはセカンドミール効果を意識したダイエットに最適。朝食の置き換えでカロリーを抑えるだけでなく、昼食の糖質制限までサポートします。同じものを食べても、身に付き方が違ってきますよ♪ 公式サイトから特別価格でお取り寄せ…

とにかく食べない! ※運動嫌い女子高生の不健康ダイエット体験談

貧血

とにかくガリガリに近いくらい痩せたかったという、大阪の主婦さんからお寄せいただいた、高校時代の夏休みにしたダイエット体験談です。お腹が空いた時は蒟蒻ゼリーやコンニャクで済ましとにかく食べない。運動はせず、お風呂ではラップを巻いて汗かきダイエット。結果、痩せる前に肌がかぶれ真っ赤になり、食事もしていないので体力はなく脱水症状や…

おいしく食物繊維を!食べる青汁 ※黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

胃痛・もたれのお薬キャベジンコーワでおなじみの興和さんが作った青汁は、おいしく食物繊維を食べる青汁、黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。食物繊維はレタスの60倍 サツマイモの29倍!カルシウム、鉄、マグネシウムと栄養豊富なクマイザサを使用。青汁独特の青臭さが苦手な方でも大丈夫、抹茶ゼリーのような上品な甘さの美味しいジュレです…

食事制限+運動2ヵ月で5㎏痩せて3㎏リバウンド… ※50歳女性

体重計

2か月後の同窓会のために夕方7時以降は食べない食事制限と、エアロバイクやレッグマジックなど運動で5㎏痩せて、1ヵ月で3kgリバウンドしたという岡山県の主婦さんからお寄せいただいた体験談です。数値的にはそう悪くないとは思うのですが、「50過ぎると本当にやせないんだなぁと実感しました」とのことです。

トクホの茶カテキン飲料「ヘルシア」半年で8㎏減 ※女子大生

生活の乱れから10㎏ほど体重が増えてしまったという、北海道のOLさんからお寄せいただいた大学生の頃の体験談です。トクホの茶カテキン飲料「ヘルシアスパークリング」のCMを見てダイエットに取り組み、「2週間程度で効果は現れ、体重は少しずつ減り」、半年後には8キロ近くはもどしたそうです。特に苦労はなかったそうですが、アルバイトで体を動かす…

野菜中心の食生活でカラダ引き締め♪ お肌も快調 ※40代女性

野菜中心ダイエット体験談

「私にはスパルタなダイエットは無利」という、鹿児島県の40代会社員さんからお寄せいただいた体験談です。ダイエット経験は数回あり、どれも挫折してきたそうですが、ある雑誌に掲載されていた「野菜中心ダイエット」なら出来るかなと始めたそうで、野菜を多目に食べるために、白米等の炭水化物が少なくてすむそうです。

このページの先頭へ