キャベツ畑

「確実に迫る衰えと体重増加に焦りを感じ、ダイエットを決意」された
神奈川県にお住いの会社員さんからお寄せいただいた体験談です。

消費カロリーを増やす&摂取カロリーを減らすことを心がけ、
摂取カロリーを減らす方では、
夕食の「ごはん」をキャベツに置き換える低炭水化物ダイエット法を採用。
数値は書かれていませんが、お通じもよくなり、緩やかに体重は減少、
毎日健康に過ごされているそうです。

[スポンサーリンク]

低炭水化物ダイエット体験談

30歳を過ぎ、職場と自宅を行き来するのみの生活で
明らかにボディラインがだらしなくなってきている…
確実に迫る衰えと体重増加に焦りを感じ、ダイエットを決意しました。

ダイエットについて詳しいことはわかりませんが、
消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せるであろうという
至極当然の理論のもとに、
消費カロリーを増やす&摂取カロリーを減らすことを心がけました。

消費カロリーを増やすには運動が一番ですが、
社会人の身としては昔ほど運動の時間を取ることができない上、
もともとあまり運動が好きではないため、
生活の中に無理なく運動を取りこむことを第一に考えました。

具体的に実践したことは、
自宅から駅までの通勤方法をバスから徒歩に変更し、電車では立ち、
エスカレーター等は使わずなるべく階段で移動することを心がけました。

摂取カロリーを減らすことに関しては、仕事柄お昼は外食に頼ることが多いため、
晩御飯で調整することにしました。

キャベツの千切り

調整といっても食べることが大好きなので、我慢は精神衛生上よくないと考え、
おかず等は普通に食べ、ごはんをキャベツに置き換えるだけの
お手軽低炭水化物ダイエット法を採用しました。

キャベツは少し味気ないですが、ゆでたり千切りにしたり、
スープにしたり調理法を変えることで飽きが来ないように工夫しました。
キャベツは食物繊維が多いからか、
お通じもよくなりダイエットに一役買ってくれました。

無理な食事制限や運動をしているわけではないので、
体重の減少は緩やかですが健康に毎日過ごすことができています。
私のおススメダイエット方法です。

31歳 男性 会社員 神奈川県

[スポンサーリンク]