ご飯

「ご飯を食べず、おかずのみ食べる…」たったそれだけのことで、
少しづつ目標体重に近づいたという主婦さんの、炭水化物抜きダイエット体験談です。
ご飯が大好きな方には「それだけのこと」が大変なのですが、
どうしても白いご飯を食べたい時は、冷ませてから食べると良いそうです。

ダイエットを始める前に、まず本屋さんへ行ったそうですが、
正しい知識を持つ事が大切なのでは、とのことです。

[スポンサーリンク]

炭水化物抜きダイエット体験談

子供を出産して2年程経った頃、私自身、人生初のダイエットを試みました。
今まで、ダイエットとは無縁だったので、何をすれば良いか分からなかったのですが、
食事制限は絶対にやりたくなかったので、無理のないダイエットをと考え、
とりあえず本屋さんに足を運びました。

本屋さん
(イメージ画像です。)

そこで出会ったのが、「読むだけでやせる!3行ダイエット」という本。
ダイエットをする為に、どういった時間に運動したら良いか、どんな食べのもが太りやすいか、
など「目からウロコ」の効率的な方法がわかりやすく書いてありました。

また、間違ったダイエット方法など、質問応答形式で書かれており、
正しい知識が身につきました。

そしてまず始めたのが、夕食の炭水化物をやめるという事でした。
とは言っても、先に言ったように、無理な食事制限は嫌だったので、
丼物、麺類、パン類などメインになるような食事の場合は普通に食べ、
「白いご飯とおかず」という場合の時だけ、
ご飯を食べず、おかずのみ食べるようにしました。

よく考えてみると、子供を産む前(ダイエットとは無縁だった頃)は、
あまり白いご飯をもりもり食べてなかった気がします。
子供を産んでから、白いご飯が美味しくなり、たくさん食べるようになりました。
それも、太った原因ではないかと。

たったそれだけの事で、少しづつ目標体重に近づきました。
「太るから」と気にしながら食事をすると、逆にストレスで太ると聞いた事があるので、
どうしても白いご飯を食べたい時は、何かの番組で紹介されていましたが、
温かい白飯ではなく、冷ました白飯を食べています。

ご飯が冷める時に出来る物質が太る原因を抑制するみたいです。
とにかく、ダイエットを始める前に、どういった食事方法、運動が脂肪燃焼につながるのか、
正しい知識を持つ事がダイエットを成功させる第一歩だと思いました。

42歳 女性 主婦

[スポンサーリンク]