全粒粉パン

禁煙の反動で食欲が増し10㎏太ってしまったという、長崎県の主婦さんからお寄せいただいた体験談です。

禁煙するとストレスと、ご飯がおいしくなることとで、ホント食欲が増しますよね。長崎の主婦さんは食べることをなくすよりも、血糖値の上昇が高い食べ物を食べないように、GI値を意識した低インシュリンダイエットで、5㎏のダイエットに成功したそうです。

[スポンサーリンク]

低インシュリンダイエット体験談

20代の頃、タバコを吸っていたのですが、結婚を機に妊活を意識して禁煙を行いました。禁煙は無事に成功したのですが、食欲が増してしまい、以前より10キロも太ってしまいました。

禁煙

タバコを吸えない寂しさか、タバコを止めてご飯がおいしくなったせいか、あっという間に体重が増えてしまったため、これではいけないと糖質制限を行いました。

基本、白米とパンを食べるのをやめ、おやつを買いだめすることを止めました。始めは食費の節約にもなり、糖質制限しているのにはそれほど辛くなかったのですが、無性にパンが食べたくなり、一口食べてしまうと止まらなくなり、お腹一杯に食べてしまうのです。

なので、我慢している意識をごまかすように、血糖値の上昇が少ない全粒粉のパンを食べたり、お米に雑穀米を混ぜるなど工夫するようにしました。

全く食べない時よりは体重の減りは少なくなったのですが、パンやお米を食べているという満足感はありました。

食べることをなくすよりも、血糖値の上昇が高い食べ物を食べないようにし、GI値を意識したダイエット(低インシュリンダイエット)に切り替えました。すると、即効性はないものの、無理せずダイエットが続けられるというか、ダイエットをしている意識もなく、体重が5キロほど減らす事ができました。

今でも、このダイエットは続けており、体重が増える事はありません。

37歳 主婦 長崎県

[スポンサーリンク]