いい感じ♪

スーパーやコンビニで売られているものを検討し、「糖質20g以上の食品は食べないことを徹底しました」という、神奈川県の主婦さんからお寄せいただいた体験談です。

野菜や肉類中心の食生活になり、サラダチキンを「夕飯として丸かじりし続けた」そうですが、1つでは足りず2つ食べる日は多々あっても、食後の空腹感がほとんどなく、間食することが全くなくなったそうです。
2か月ほど続け、体重は58kgから52kgに。「見た目もすっきりし、体も軽くなって健康的になった気がします」とのことです。朝食の置き換えは比較的簡単ですが、夕食となると厳しい置き換えダイエット。ぜひ参考にしたいですね。
有酸素運動も平行して行ったそうですが、こちらの方には触れられていません。

[スポンサーリンク]

置き換えダイエット(夕食)体験談

1年ほど前に、話題となっていた糖質制限ダイエットと有酸素運動を平行して行いました。

特に参考とした資料などはなく、スーパーやコンビニの商品に陳列されている商品に表示されている糖質の量を調べ上げ、20g以上の食品は食べないことを徹底しました。

調べている最中も思っていたより糖質が低い商品が見つかって驚くなど、楽しみながら調査を進めることができました。
ただやはり、必然的にお米やパン、スパゲティなどの炭水化物は除外され、野菜や肉類中心の食生活となりました。

まず、一番効果が上がったのは、各コンビニで販売されている「サラダチキン」です。
200円~250円ほどの価格帯で、味はハーブやブラックペッパーなどコンビニごとに多岐にわたります。

チキンサラダ

本来はサラダなどのトッピングとして使われることが想定された商品なのだと思いますが、これを夕飯として丸かじりし続けました。

かなり歯ごたえがあるので、時間をかけてよく咀嚼しました。
それでも一つでは足りず、2つ食べる日が多かったです。

味が良いので食べ終わった後の満足感も去ることながら、食べ終わってしばらく時間が経過した後の空腹感がほとんどなかったため、間食することがまったくなくなりました。

痩せた!

この生活を2か月ほど続け、体重は58キロから52キロまで落ちました。
見た目もすっきりし、体も軽くなって健康的になった気がします。

41歳 女性 主婦 神奈川県

[スポンサーリンク]