おかずだけ

35歳主婦さんより、中学生時代におこなった
炭水化物を抜きダイエットの体験談をお寄せいただきました。

ご飯を抜いてもチョコは食べる、その代わり
縄跳びをしたり、長風呂にしたり、恋をしたりしたそうです。

「好きな人がいたので、その人のためにと考えることがとても幸せ…」
だったとか、ダイエットの結果より恋の行方が気になりますね。

「その人」が今のダンナさん、とは一言も書いていませんが、
一年で15キロの減量に成功したそうです。

[スポンサーリンク]

炭水化物抜きダイエット体験談

私が中学生の頃、体重が60キロになったのを見て
これはやばいと思いました。そしてダイエットを決意しました。
まず、晩御飯の炭水化物を抜き、おかずだけ食べることにしました。

そしてお風呂に入るときに湯船に30分つかり汗をかきました。
なわとびを1日500回飛ぶことに決めました。
それをやっていくとドンドンと体重は落ちていきました。

結果的には1年で45キロまで痩せることができました。
15キロのダイエットに成功したのです。

ダイエットとはいえ、あまり苦労はせず、
落ちていく体重を見るのがとても楽しかったです。

何より好きな人がいたので
その人のためにと考えることがとても幸せな経験でした。
15kgダイエット
ダイエットするときは、毎日体重を計り自分の体重を把握する。
増えたからといって落ち込まずまた落とせばいいので、
増えたことをしっかり受け止める。

自暴自棄になれば、体重計に乗ることもなくなり体重はどんどん増えていきます。
なのでしっかり、毎日体重計にのる。

甘いものや好きなものを一切排除はせずに
時間と量を気にして食べる。
私はチョコが大好きだったのでたまにとても食べたくなります。
なのでそういう時は、朝ごはんを食べて朝の10時までに食べることにしました。
そして食べた日は、意識的に動くようにしました。

35歳 女性 主婦

[スポンサーリンク]