出社前の名所めぐり&徒歩通勤

30代に入ってからじわじわと体重が増加したという、東京の会社員さんからお寄せいただいた体験談です。

「新陳代謝のまだ活発な20代の頃と、食事内容が変わっていないのであれば、太ってしまうのも当然…」とのこと、食べる分を減らすのではなく、ウォーキング「歩いて」のダイエットに取り組んだそうで、駅までの約2kmをバスや自転車を徒歩にしたり、通勤を1時間半早めて一駅前に下りて名所めぐりをしたり、駅や会社では階段を使うなどして、2ヵ月ほどで2.5㎏体重を落としたそうです。

[スポンサーリンク]

徒歩通勤ダイエット体験談

30代に入ってから、急にではなくじわじわと体重が増加してしまいました。

食事量も変わらず、運動は元々していないのに何故…?と疑問に思っていたのですが、よく考えてみれば、新陳代謝のまだ活発な20代の頃と、食事内容が変わっていないのであれば、太ってしまうのも当然です。

年を取ると脂っこいものが食べられなくなるだとかと、食事の量が減ると言う話も聞きますが、残念ながら現時点でそれはありません。

そこで行ったのが、食べる分は減らさないので、歩いてのダイエットです。

通勤に駅まで約2km、バスや自転車を利用していたのですが、これを徒歩に。

階段

また駅や会社では、エレベーターやエスカレーターを利用せず、なるべく自力で登る(もっとも、5F下りるのは楽勝なのですが、5F登るのは意外ときつく、こちらは少々サボりがちでした)

あとは、ジムなどにお金を出すよりはと、通勤を1時間半早めて、一駅前に下りて、駅までの観光名所になっているところや、お寺や神社を少し廻っていくと言う方法で、ダイエットをしました。

こちら、一ヶ月目頃に結果が出るようになり、三ヶ月目には歩くのがさほど苦にならなくなっているうえ、体重は2.5kg落ちています。

あとの問題は、やめ時なのですが…やめたら太ってしまいそうで、現在は惰性で歩いています。

34歳 女性 会社員 東京都

[スポンサーリンク]