快食

健康は美容の大前提、「快食」、「快眠」、「快便」を日々心がけ、生活習慣を含めたダイエットで肥満知らずの体を維持しているという、東京の自営業さんからお寄せいただいた体験談です。

食事で気をつけていることは主に「食べる順序(ベジファースト)」「必要な栄養の摂取」「食べる量」とのことです。

[スポンサーリンク]

生活習慣ダイエット

ダイエットは、日々の習慣です。運動をする時、食事をする時、どんな時にも頭から離れません。

基本的な要素は食事、運動、睡眠の三つです。昔から「快眠・快食・快便」と言われているように、健康は、この三点なくしてありえません。

また、健康は美容の大前提です。

食事で気をつけていることは主に「食べる順序」「必要な栄養の摂取」「食べる量」です。食べる時、繊維質の多い野菜などを先に食べるようにしています。それによって、血糖値の急上昇を抑えることができます。

糖質や炭水化物を先に食べると、血糖値が上昇してインシュリンの分泌が増大してしまいます。
インシュリンは肥満ホルモンと呼ばれているように、肥満を促進する分泌物です。

和食

食べる内容は、良質なタンパク質、野菜やミネラルです。
また、ヒトの体内で生成できない「必須アミノ酸」と「必須脂肪酸」を含む食物の摂取は不可欠。

理想的なダイエットは、必要な栄養を含む食品を順序良く食べることではないでしょうか。

さらに、質の良い睡眠はダイエットに欠かせません。
睡眠不測と肥満の関係は医学的にも研究されています。
睡眠が不十分だと満腹中枢の働きが鈍るため、過食をまねきます。

また、便秘もダイエットの大敵。
毎日、決まった時間にトイレに行く習慣をつけることが大切です。

快食・快眠・快便を心がけ、生活習慣を含めたダイエットに励む日々を送り、肥満知らずの体を維持しています。

62歳 女性 自営業 東京都

[スポンサーリンク]