飲み物は水に…

体が重くだるい、ひざが痛い、ダイエットの必要は感じていても
おいしい食事は止められないという、
東京にお住いの35才主婦さんが始めたダイエットは、
間食を止め、飲み物は水に変えること。
具体的な数字は書かれていませんんが、少しずつ体重は落ちているそうです。

野菜ジュースは健康的なダイエットによさそうでが、
案外カロリーが高いモノが多いようですね。
飲み物を見直すだけでも、カロリーを減らすことが出来そうです。

[スポンサーリンク]

30代主婦のダイエット体験談

体が重くだるい、ひざが痛いと気になってきたころから
体重が日に日に増えてきている気がしました。

健康には気をつかっていた私でも消費するカロリーよりも
食べているカロリーのほうが多いのが原因だとわかっていても
おいしい食事は止めることができませんでした。

そこで、ダイエットをするだめに何をしたかというと間食を止めた、
飲みものは水に変更しました。
3食の食事以外にも仕事中や休憩中などにも、なにかつまみたくなることはよくありました。
口になにかいれていないとさびしく感じるからよく食べてしまうのかもしれません。

カフェラテ

また、飲み物はカフェラテだったり、
野菜ジュースだったりといろいろな飲み物があります。
カロリーを気にせずに飲めればなんでもおいしく感じられると思うのですが、
食事と同程度のカロリーがある飲み物を
毎日飲んでいると考えるとぞっとしてしまいました。

間食を止めたことと飲み物をカロリーオフの水やお茶に変更したことで
少しずつで体重が落ちてきました。
日々、知らないうちに多くのカロリーを摂取していると思いますが、
以外にもカロリーが多いもの少ないものがあると思います。

おいしく食べれればそれでいいやではなく、
商品に記載されているカロリー表示以外にも目を向けて
バランスよい食事をするようにこころがけるようになりました。

35才 女性 主婦 東京

[スポンサーリンク]